コラム

2月21日

2014年

全てに良いところと悪いところがあると思います。

みなさん、こんばんは。

 

モバレンスタッフです。

 

相手の気持ちがわかるといいのにな…

と思ったことありますか。

 

スマートフォンにはiphone、アンドロイドを問わずたくさんの

心理テストアプリがありました。心理テスト面白いですよね。

 

私は子供の頃から心理学にのめり込み、大学でも心理学を学びました。

 

相手の気持ちが解かればいいのにな…と思ったのがキッカケでした。

 

まだまだと、言われればもちろんまだまだ極めてはいませんが、

すでに学ぶことを辞め、心理学を封印したのには理由がありました。

 

当時、毎日一緒にいた心友と呼べる友達がいました。

その時付き合っていた彼女と心友と僕は毎日一緒にいて、

寝ても覚めても常に一緒という生活を送っていました。

 

ある時、異変に気がついてしまいました。

心理学を学んでなくても解るような違和感だった様な気もしますが

よくは覚えてません。

 

子供の頃からどちらかというといじめられっ子気質な僕は

初めてできた心友と彼女を信じたかったんです…

 

僕はさりげなく一人づつになった時に、

「なんか二人様子おかしいけどなにかあった?喧嘩でもしたの?」

と切り出し、信じたくないまさかの発言をしました。

 

二人共同じ答えでした…同じリアクションでした…

否定して怒って、疑って悪かったと謝るとすぐに機嫌を直しました。

 

もちろんそれだけではありません。

細かいところの説明は省きますが、僕は二人を信じたかった。

言葉を信じたかったし、3人で過ごしてきた日々を信じたかった。

 

でもムリでした。二人の態度は100%嘘をついていると言っていました…

 

 

 

僕は二人の元からなにも言わずにいなくなりました。

 

1度の過ちだったのか本気だったのかはわかりませんが、

1度の過ちにしろ、例え本気だとしても二人を許すつもりでいました。

裏切りよりも二人を失うことのほうが嫌だったからです。

 

でも謝るチャンスを与えてもそこは認めれないポイントですものね。

 

素直に謝ってくれたらホントに許すつもりだったんですけどね。

相手はそんな自分の心理を読み取ってはくれませんでした。

 

心理学なんて学ばなければよかった…嘘を見抜けないピエロのまま踊っていられたらよかった…

 

こんな能力(スキル)なら忘れたいと思いましたが

長年学んだ事は職業病の様につきまといました。

 

今でも嘘を付いた瞬間はばっちり解ってしまいます。

学んで良かったこともありましたが、こういう形で学ばなければ良かったと思う日が

くるとは夢にも思いませんでした。

 

それでも心理テストアプリがスマホにたくさん入っているのは、

時折、自分に嘘をついているということに気が付かない時があるからです。

 

寂しいのに寂しいと言えない、認められない。

会いたいのに強がってしまう。

 

そんな強がりならいいのですが、自分についている嘘だけは見抜けないことが

たまにあるので、心理テストをやってたりします。

 

みなさんも日々忙しくお過ごしでしょうが、自分の心と向き合う時間を

作ってみてはいかがでしょうか。